スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】 第5回セカンドチャンス!名古屋交流会

第5回セカンドチャンス!名古屋交流会の報告です。

■日時 平成23年6月26日(土)18時~20時
■場所 名古屋駅構内のカフェ
■参加者 5名
・当事者2名   10代の少年1名(初参加)、高坂(名古屋交流会担当者)
・非当事者3名  更生保護施設施設長(3回目の参加)高齢者介護デイサービス&少年を預かる事業の経営者(初参加)テレビでセカンドチャンス!を知った方(4回目の参加)


■進行状況
①セカンドチャンス!の説明
②交流会のルール説明 ルールは3つで、お金の貸し借り禁止。交流会のアルコールは禁止。他の人の考えや発言を批判しないこと。
③自己紹介(自分のことと、最近あった良かったことを一つ、5分程度で話してもらった)
④フリートーク
⑤最後に一人ずつ、皆さんに一言言っていっていただいて終了


■感想
今回の交流会の中で印象深い話しを書かせてもらいます。

・非当事者の話しの中で、この方が普段、3年前から関わっていた青年の話しだった。
その青年は、ゲームやギャンブルばかりしていた。
ある時、突然ピタッとやめた。
理由を聞いていく中で、セカンドチャンス!のことが大きく影響していたことに気づいた。
青年は少年院出院者ではないが、セカンドチャンス!のことは知っていたとのこと。
セカンドチャンス!を知り、世の中には過去に色んなことがあっても前を向いて頑張っている人がいることを知り、俺も頑張ろう、変わろうと思ったことが、ギャンブルなどをやめようと決意したきっかけとなったとのこと。
この話しを聞いて、実際に交流会に来てくれてなくても、セカンドチャンス!の活動を続けていくことで、目には見えないところで人のプラスになっていることがあるんだなあと、とても感慨深く感じ、嬉しかった。

・当事者の少年の、自己紹介の中での良かったことは2つだった。
一つは、定時の中間テストでとてもいい点がとれたこと。小4~中3まで全然勉強をしておらず、いい点をとったことが無かったので感動したとのこと。
もう一つは、先日、中村すえこさんと会えたこと。と言っていた。

・当事者の少年が、今までセカンドチャンス!交流会に持っていたイメージとは?
お堅い場所で難しい話しをいるとことだと思っていた。実際に参加すると、すごく軽い感じの空気で安心した。と言ってくれた。


今回の交流会は、とても優しい雰囲気のもので癒しの空間だったように僕は感じた。
少年院出身者が主役となり、最初は堅かった当事者の少年も徐々に緊張を解いていき、笑顔も見せてくれながら色んな話しをしてくれて、参加者全員で和気あいあいと話しを楽しめた。
今後も、他の少年がきてもこの雰囲気を大切にしたい。そのためにも、非当事者の方々のご協力を今後もお願いしたいと痛感した。
そして、今日来てくれた少年の勇気と、僕に勇気をくれた東京交流会の仲間と、東京交流会に参加した少年の勇気に心から感謝しながら、終わりました。

高坂 朝人
スポンサーサイト
プロフィール

NPO法人セカンドチャンス!

Author:NPO法人セカンドチャンス!
セカンドチャンス!は、少年院出院者が経験と希望を分かち合い、仲間として共に成長することを目的とした自助団体です。

カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。