SC横浜 交流会(2013_0125)

SC横浜交流会
報告者 O

■日時: 2013年1月25日(金)19:00~21:00
■場所:横浜駅付近

■参加者
【少年院出院者】
O/20代
H/10代
【非当事者】
S/10代
【見学者】

計4名

■タイムテーブル
19:00~19:30 SC紹介(見学者のための)
19:30~19:45 誕生日祝い(S)
19:45~20:15 ミーティング
20:15~20:30 今年度の予定確認
20:30~20:45 片付け
20:45 終了

■感想
今日は、今月誕生日のSのミニ誕生日会を行った。誕生日プレゼント贈呈を行い、15歳を祝った。彼は、来月通信制高校を受験し、4月からは塗装工として働くそうだ。バイク購入と免許取得のためにも頑張ってお金を貯めるという。

ミーティングでは、Hが最近嫌な出来事続きでウンザリしていることを話していた。特に最近バイト中に足を怪我したことに対しては、「自分の今までの悪い行いの罰があたっているのか?」ということすら考えたという。また、出院して3か月たって現在まで非行をしていないことに対して自分で自分を称えていた。
今回のミーティングでは先日KRISから頂いたキャンドルホルダーを使った。
昨年スウェーデンで行ったNAミーティングやAAミーティングでは、部屋を暗くして数本のキャンドルで行うことが多かった。本音を出せる雰囲気作りという点ではあちらのやり方を参考にできると思った。横浜でのミーティングはいつも部屋を暗くして行うのもその影響がある。

見学者のKさんはNPO運営に興味があるとのことで、見学に来た。SCを知ったきっかけは先日の神奈川新聞に掲載されていたSC理事長の記事だそうだ。

今年度の予定確認では、仙台シンポジウムと広島合宿の2点について再確認した。
仙台シンポジウムではHがライフストーリーを話す予定になっている。彼は最近原稿用紙を書いては捨て、書いては捨てを繰り返し、本番にしっかりと備えている。しかし、やはり緊張は隠せないそうだ。
広島合宿では、設営者の名古屋、福岡メンバーが用意してくれたタイムスケジュールをHとSに伝えた所、当日のイメージができたらしく、かなり楽しみな表情をしていた。また、「門限はあるのかなー?」などの会話をしていた。

12月の交流会に来てくれたRという15歳の赤城出身の子が最近音信不通になっていたのだが、昨日電話連絡ができた。HとSの2人は「あー良かった!てっきり捕まったかと思ったよ」と安堵の表情を浮かべていた。また、彼が学校を休まずに行き、高校受験をするという話を聞いたHとSは同級生の頑張りに大きな刺激を受けたようだ。HがRを広島合宿に誘い、おそらく来てくれることになると話していた。

そして、個人的には、今月はセカンドチャンス!設立4周年の月ということで、セカンドチャンス!4歳おめでとう!と心の中で祝った。これからもSCには良い年の重ね方をしていってほしいと思う。


次回の横浜は2/1(金)です。
スポンサーサイト
プロフィール

NPO法人セカンドチャンス!

Author:NPO法人セカンドチャンス!
セカンドチャンス!は、少年院出院者が経験と希望を分かち合い、仲間として共に成長することを目的とした自助団体です。

カテゴリ
月別アーカイブ