スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『報告』第1回北海道交流会(準備会)

第1回セカンドチャンス!北海道交流会(準備会)

報告者  高坂 朝人

日時 平成24年11月16日(金)19時~21時
場所 小樽市内の公的な場所

■参加者 12名
・当事者2名
・サポーター&非当事者10名

■参加費
100円(会場代は1200円)

■進行状況
①ご挨拶、セカンドチャンス!の説明
②自己紹介を含めたアイスブレーキング 
③ライフストーリーミニ講演
SC!大阪責任者の野田と、SC!名古屋責任者の高坂、各約20分ずつ
④ミーティング
言いっぱなし、聞きっぱなし(クリス式を参考にしたスタイル、特にルール設定もなく、時間制限もなく、今の感情を話してもらった)
※残り2人となったあたりで、会場の閉館時間となったので、場所を、近くのお店に変えて、続きをおこなった。全員参加してくださった。
⑤今日の感想を一言ずつ

■次回の北海道交流会の予定
平成25年3月2日(土)14時~17時
場所は、札幌駅付近で調整中です。
※最低でも4か月に1回は開催していく。

■感想
今回は、北海道の現地に住んでいる、少年院出院者の参加はなかったが、少年院出院者と繋がりがある現地の方が数名参加してくださり、今後協力をしてくださる確約もくださったので、これからに繋がる第1歩になったかと感じた。
全国セカンドチャンス!メンバー、サポーターの方々にもご協力いただきながら、地道に継続して交流会を開催していき、北海道の地にセカンドチャンス!を根付かせていきたいです。

ミーティングではいつも感じるけど、今回も、厳粛というか、場が完全に一つになるという不思議な感覚になりました。
そして、数名の方が
「今まで誰にも言ったことはなかったけど・・・」
「私は人前で泣くことはないんだよ・・・」
とおっしゃられながら、涙を流しながら、感情、思いをお話ししてくださりました。
参加してくださった方、全員が真剣な面持ちになったり、悲しい表情になったり、笑顔になったりと、喜怒哀楽を素直に表に出しながら、共に気持ちをシェアしていきました。

場所を、近くのお店に変えてからは、美味しい食事をいただきながら、楽しく交流を楽しみました。
その場でも、少しずつ時間が経っていくと、数名の方が涙ながらにお話しされていて、気付いたら自分も涙が止まらなくなっていました。
一番、思ったことは、この場に、少年院出院者、若い非行少年たちにも是非とも参加してもらいたいということです。そして、今回の開催に協力してくださった方々に心から感謝です。
スポンサーサイト
プロフィール

NPO法人セカンドチャンス!

Author:NPO法人セカンドチャンス!
セカンドチャンス!は、少年院出院者が経験と希望を分かち合い、仲間として共に成長することを目的とした自助団体です。

カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。